・blog

DIYサポート@浅草

こんにちは!

今回は先日行ったtoolbox DIYサポートの紹介です。
(http://www.r-toolbox.jp/service/diyサポート/)

 

さっそくbefore写真をどうぞ!

blog_120617_01

blog_120617_02

 

この広々リビング!なんと約50㎡!!!

うらやましすぎる広さです。

 

ですが、なぜか床が大理石調のCF(クッションフロア)….

そしてファンシーな壁紙…..

おい!どーした!…とまでは言いませんが、

男の住処としてはちょっと….

ということで、今回は御要請頂きました。

 

内容は、床に足場板を貼るサポート。

なるほど、それは男の住処にもってこいだ。

 

ということで、早速作業開始です!

 

blog_120617_03

Mさん、坂田に見守られながら初の丸ノコです。

 

blog_120617_04

さっききった板を、加藤のサポートとご自身で新調したインパクトで貼ります。

 

blog_120617_05

一度教われば、後はバシバシやってくのみ!

ということで、並んでビスをもむ仲良し2人(笑)

 

blog_120617_06

バシバシ切って!!

 

blog_120617_07

ジャンジャン貼って!

 

blog_120617_11

いいね~、いいね~

 

blog_120617_08

そして本日最後の1枚を貼り終えると….

 

blog_120617_09

こんな感じ!

床、男らしく!

この日はおよそ、床全体の3/4を貼りました。

 

窓も大きく日が良く入るので気持ちがいい!

「個人的にはジャングルにしたい。」と坂田は言います。

「窓際にカウンター作って、カフェっぽくしたい」と加藤は言います。

「イメージがいろいろと膨らみますね~」とMさんは言います。

 

次の日、無事に残りの床を貼り終えたようで、

Mさん、次は壁の工事にとりかかるそうです。

 

「壁紙を張り替えようか…」

「既存クロスのエンボス(凹凸)を残しながらして白く塗りつぶそうか…」

「今みたいに、腰の部分は色を変えてみるのもいいかも?」

「床から200mmくらいは黒く塗って、巾木みたいにするのもかっこいいんじゃない??」

 

そんなワクワクする話をしながらの作業だったので、

今後、この部屋がどうなっていくのか楽しみ!!

 

こんな風に、もっと多くの人が、ワクワクしながら

自分の家を作っていけたら…..

なんて思うだけで、ワクワクとドキドキがとまりません!

blog_120617_10

DIYサポート@池上

坂田です。

こんにちは。

 

みなさん、R不動産のtoolboxにDIYサポートという商品がある事をご存知でしょうか?

実は、その商品はわれわれHandiHouse projectが協力をしていて、

読んで字のごとく「DIYをサポートする」というものです。うん、そのままです。

 

簡単に説明します。

自分でお部屋やお店のどこかを改装したいけど、

いまいちやり方も分からない…うまくできるか不安…

誰かわかる人、教えて〜!

そんなときに、僕たちが1日なりお邪魔して、お手伝いします。

(大掛かりなので2,3日や2,3人が1日で、というのも調整可です。)

 

で、ここからが重要。

あくまでも、お客様のDIYのサポートですので、

我々はアドバイスはしますが、必要な材料や道具をそろえる事はありません。

むしろ、我々が使う道具も揃えておいて頂きます。

で、当日に伺い、やり方やコツなどを一緒に作業し説明しながら、

和気藹々と作業に取り組み、

作業が残れば、ご自身で仕上げていただく。

というものです。

 

で、先日、DIYサポーターになってきたのでご紹介。

 

池上駅から徒歩5分?ほどにある

コネクトハウス(http://www.connect-house.com/)さんが運営する

「食」をコンセプトにしたシェアハウスで、

3棟目となる新たなシェアハウスの共用部のタイル貼りと、塗装を行いました。

 

その様子がこちら、、、

blog_120324_01

こちら、代表のポールさんと池田さんの作業風景。

事前に既存タイルを剥がしておいていただいた床に

新しいPタイルを貼っていきます。

 

こちらは、アルバイトのきくちさん。

塗装前の養生をやってもらいました。

blog_120324_03

 

そしてこちらが、荒木のイナバウアー

blog_120324_02

 

そんなこんなで作業もすすみ、

塗装もやってる池田さん。

blog_120324_05

 

ポールさん、めっちゃすすんでます。

blog_120324_04

blog_120324_06

 

コネクトハウスのお二人は、まだまだ作業を続けていましたが

こんな感じで、僕らの時間は終了。

 

「食」を軸にした、シェアハウスの運営について、

お昼の時間にはいろいろと面白いお話も伺い、

こちらが、とても勉強になった1日でした。