・blog

works更新のお知らせ

worksのページに2つの新しい作品を追加しました!

 

皆さまに是非ご覧頂きたくお知らせ致します。

 

まず1つ目。

 

完成から早9ヶ月、、、

満を持しての登場!

010 宮崎台のビンテージマンション1

works_10_08

 

それから。

 

ハンディ初の賃貸住宅物件の

019 ときわ台の1Rx4

process_19_01

 

どちらもここでしか見ることのできない、工事中写真付き!

見応えありです!!

掲載誌のお知らせ

こんにちは!

今日は雑誌掲載のお知らせです。

 

Tさん x HandiHouse project による「宮崎台の団地」

この度、「MAISHA」という雑誌に掲載されました。

Link : http://www.maishamagazine.com/issue/

 

blog_121015_01

みなさまにもご覧頂きたくお知らせ致します。

 

「あの人の、噂のインテリアが見たい」特集です。

blog_121015_02

WEBマガジン掲載のお知らせ

5月の頭に完成しました「宮崎台の団地」

この度、IDÉEによるWEBマガジン「 LIFECYCLING 」に掲載されました。

 

みなさまにもご覧頂きたく、お知らせ致します。

link :

LIFECYCLING interview & photo

http://www.ideelifecycling.com/?url=interviews/detail/18

 

お施主さん自ら厳選された小物がちりばめられた部屋は。

お引き渡しの時以上にステキでオリジナルな場所になっています。

 

さて。先日。

「打ち上げいつにしようかね??」と。

ありがたいことに工事中からお誘い頂いていましたが。

引っ越しの片付けなども終わり、一息ついたということで、待ちに待ったパーティーにお呼ばれして、4人揃って行ってきました。

 

お施主さんと一緒に作った場所で飲むお酒。

blog_120710_02

お施主さんにとっても、僕らにとっても本当に格別!!

 

そして。。

こんなごちそうが。。。!!!

blog_120710_01

 

荒木、感動のあまり号泣。。。

blog_120710_03

ん???

blog_120710_04

いや!嬉しいんですね。この笑顔!!

blog_120710_05

 

お家型のお土産まで頂きまして。

blog_120710_06

 

実はこの工事中、お施主さんのお仕事が急に忙しくなってしまい、思うように工事に参加できないということがありました。

最後、お開きの時にお施主さんから。

「本当はもっと一緒に工事したかったんだよね。本当に残念。」

一同ちょっとしんみり。。

「けど、楽しかった!できればもう一軒やりたい!!」

なんとありがたい一言。

 

こういう関係を築けた時。

ハンディハウスをやっていて良かったと心から思います。

 

その日の帰り道。

ハンディメンバーかなりテンション高かった!

宮崎台の団地 断熱のおはなし

古い建物。

間取りや周辺環境としては高いポテンシャルを持っている。

なので、リノベしてさらに、自分色に染めたくなる。

 

が、性能的な面で良くない部分があります。

 

それは、外内部が断熱されていないということ。

 

いまのコンクリートの建物では、現場発砲ウレタンと言って、外部に接する壁前面に断熱材を吹き付けてその上を仕上げていくんですが、

それがない。

 

もしくは、外断熱。

それもない。

 

ということで、宮崎台の現場はグラスウール(断熱効果+遮音効果あり)を外に面する壁に貼っていきます。

blog_120412_01

blog_120412_02

 

写真のように、木材でふかした間にはめ込んでいきます。

そして、重要なのが内部結露をしないように、室内側に防湿シートを貼ること。

blog_120412_10

 

室内からの湿気がボードの中を通過し、グラスウールに到達すると、断熱効果も下がり、さらに内部結露を起こしてしまいます。

そして、さらに大事なのが継ぎ目をキチンと防湿テープで貼ること。

blog_120412_03

blog_120412_04

隙間から中に湿気がいってしまっては意味がありません。

そんなこんなの、大変重要かつ手間のかかる作業を終えて、下地工事完了です。

 

そして相変わらずお施主さんも工事参加してますよ。

まずは塗装の下地。

パテの堅さを確認して、下地の継目やビスの頭を埋めていきます。

blog_120412_08

blog_120412_09

 

さらにプラスターボードもはり付けましょ〜。

墨を出して。。

blog_120412_11

カッターで切って。。。

blog_120412_12

インパクトで固定!!

blog_120412_13

 

次回は、塗装工事アップ予定です!

blog_120412_05

以上、中田でした。

リノベのゴミの話し

解体工事完了!

blog_120327_01

blog_120327_02

blog_120327_03

blog_120327_04

 

ゴミ出し完了!

blog_120327_05

blog_120327_06

blog_120327_10

 

やはり、リノベーションをするにあたり、必ず関係してくるのが、産廃。

産業廃棄物の略。

 

そして、工事の見積りにも出てくる解体撤去費。

これは、解体代+産廃車運賃+産廃処理代の組み合わせで、現場の壊すものによって、金額は変わります。

 

なので、現地調査の際に、どこをどれくらい壊すのかが重要になってきます。

 

リフォームで主に出る産廃は木材、ボード(石膏ボード)、畳、金属類、モルタルガラ、コンクリートブロックガラ、混合ゴミ、ダンボール、エアコン室外機など。

それぞれ産廃代として¥※※/立米と決まっています。

基本的には、リサイクルできる物ほど安く捨てることができます。

 

そしてそして、宮崎台の解体でも、出てきました厄介な、コンクリートブロック。

blog_120327_07

blog_120327_08

 

見ためでは構造体に見えるけど、ブロックを化粧したもの。

これは、壊すのも一苦労、運び出しも一苦労、おまけに、コンガラと言って産廃処理代も普通のゴミより高い。

 

ただ、建築の意匠としてはカッコいい。

blog_120327_09

以上、中田でした。