・blog

ときわ台 1R×4 ダイジェスト 「続・小山さん 編」

こんにちは。

 

ときわ台のマンション改装、前回のダイジェストまでで

僕らの工事はいったん終わっていたのですが、、

 

実は、オーナー小山さんの手によって、

さらに工事は進んでいるのです。。。

 

と言うのも、さすが小山さん

「自分でできることは、自分でやってみる。」

そういう方ですから、何か分からないことがあれば

電話やメールで連絡いただき確認しながら、

あれこれいじり続けているのです。

 

そこで、ある作業のやり取りを紹介します。

 

小山さん「あ、いまメール送ったんですけどー。」

と、電話をいただき、確認してみると….

blog_130202_01

 

写真を確認し、電話を掛け直すと…

 

小山さん「既存の穴を利用すると

ラッチのほうが少し引っ込んじゃうんですけど、

穴を加工したほうが良いですか?」

 

各部屋のトイレのドアノブが古かったので

新しくてオシャレな物に変えようと言う事だったのですが、

海外製品だったからか、既存のドアノブの穴にフィットしなかったようです。

 

そこで、ドアノブの台座で隠れる範囲であれば、

ドアに穴をあけ直しても平気ですよー、とお伝えしたところ。

 

ちょっとしたら、またメールが届き、、

blog_130202_02

 

ん、次はどうしたんだろう?

と電話をかけてみると、、

 

小山さん「ドアノブの裏のはね出しがぶつかるんですよねえ。

コレは、必要なパーツなんですかね?」

 

との事、うーん、この写真では分からないので

他にも色んな写真を送ってもらったりして、、

 

小山さん「あ、なるほど、わかりました!」

 

と無事問題解決。

 

このときやり取りした写真がこちら

blog_130202_03

 

このように、

分からない事は聞いてもらい

とにかく自分でやってみる。

そんな姿勢で、コレからもどんどん

ステキな部屋に生まれ変わっていくんだろうと思うと

ワクワクが止まりませんね!

 

あー、楽しみ♪