・blog

宮崎台の団地 なんと2部屋目!

こんにちは。

今日はハンディハウスで1ヶ月ほど前からスタートしました、あるお部屋のお話。

 

きっかけはメールからでした。

新しいお仕事だ!とよくよく見てみると。

Tさんとハンディハウスの組み合わせて今年の4月に完成しました「宮崎台の家」を取り上げて頂きました、

IDEEによる「LIFE CYCLING」をご覧になって下さったと。

Link : http://www.ideelifecycling.com/?url=interviews/detail/18

こうして気にかけてもらえるのはありがたいですね。

 

場所はどこでしょうか。

宮崎台と。

むむ!

 

同じ団地のある部屋だと。

むむむっ!

 

元々の間取りが同じではないかと。

むむむむっ!

 

こんな偶然の出会いがあるのかと。

ドキドキしながら現地で初めての顔合わせ。

あるんですね。本当に同じ間取りでした。笑

blog_121002_01

blog_121002_02

blog_121002_03

この団地、売りに出るとすぐ売れてしまう、ヴィンテージマンションだそうで。

窓と緑が多くて、風が良く抜け、本当に気持ちの良い部屋です。

 

さて。

お部屋作りですが、Tさんの時と同じものではなく、今回のお施主さんFさんに合わせて、一緒に考えていきます。

まずはハンディハウスできっかけとなる大枠のプランを考えて。

blog_121002_04

 

イメージしやすいように内観パースを手書きで。

blog_121002_05

 

からの。

最初の打合せは大盛り上がり!

blog_121002_06

 

もう少し具体的にイメージするために、ショールームも回りました。

blog_121002_07

 

大まかなプランが決まったところで、もう少し細かいところの検討に入ります。

ここで重要なのはイメージと実際のギャップを埋めること。

図面だけではどうしても実際の空間の大きさ、使い方のイメージができません。

 

そこでハンディハウス。

実際の部屋があるんだからそこにプランを書くぞー!

と。工事で使う養生用のテープで壁の位置、扉の位置を書いていきます。

blog_121002_08

blog_121002_09

 

玄関回りはコンパクトなのでしっかり確認。

blog_121002_10

 

既存の扉をお借りして。

blog_121002_11

 

キッチン予定の場所。使い勝手が特に気になる場所も入念に。

blog_121002_12

 

やはり細かい修正が必要だったのでその場で変更していきます。

blog_121002_13

 

今日はここまで。

Fさんご夫婦 x HandiHouse project による「宮崎台の団地2」

今後ともお楽しみに!