・blog

珪藻土塗りワークショップ開催のお知らせ。

こんにちは!

 

絶賛工事中の「代官山パーフェクトルーム315プロジェクト」

お施主さんの三星テキスタイルグループさんのご協力により、今週末の24日に、珪藻土塗りワークショップを開催することとなりました。

 

今回、参加者さんを「tsudoi」というサイトを使わせて頂き、募集をしています。

リンク:http://tsudoi.me/g/379

珪藻土塗りたいっ!って方は是非ご参加下さい。

 

お知らせだけで終わらせてしまうのももったいないので。

せっかくですから、工事初日の模様をちらりと。

 

早速の記念写真から。

blog_120619_01

現状はごく一般的なワンルームです。

 

まずはやっぱりの解体から。

作り付けの収納棚を壊しましょう。

blog_120619_02

加藤のレクチャーのもと、お施主さんのIさん解体にチャレンジです!

 

最初は慎重に壊していましたが。。。

blog_120619_03

最後には解体の魅力に取り憑かれたのか。

セイッ!!

blog_120619_04

 

ヤーッ!!

blog_120619_05

飛び蹴り炸裂!!

解体ってストレス発散に実に効果的なのです。

 

壊した板を小さくカット。

blog_120619_06

こちらも丸ノコ初体験。坂田が丁寧にレクチャーしていますね。

工具も使い方を間違えずに、丁寧に扱えば、とても便利です。

 

続いては床を剥ぐぞ!

当初床は剥ぐ予定ではなかったのですが、解体していくうちに壊しても問題ないことが判明!

少しでも天井高が高くなり、今後の作業効率も上がるとなれば、壊さない理由はありません。

blog_120619_07

この辺りまでくると、Iさん大分慣れてきました!

スピードもアップ!

セイッ!!

blog_120619_08

 

ヤーッ!!

blog_120619_09

ここまでくれば、もうどんなものだって壊せますよ!

 

壊すものすべて壊して一日の作業終了です。

お疲れさまでした!

blog_120619_10

と。

普段ならここで終わりですが。。。

なんと工事終わりに楽しみが残ってましたよ。

それは。。。

銭湯!!

blog_120619_11

一日の汗を大きな湯船で流す!

最高の贅沢なのです。

DIYサポート@浅草

こんにちは!

今回は先日行ったtoolbox DIYサポートの紹介です。
(http://www.r-toolbox.jp/service/diyサポート/)

 

さっそくbefore写真をどうぞ!

blog_120617_01

blog_120617_02

 

この広々リビング!なんと約50㎡!!!

うらやましすぎる広さです。

 

ですが、なぜか床が大理石調のCF(クッションフロア)….

そしてファンシーな壁紙…..

おい!どーした!…とまでは言いませんが、

男の住処としてはちょっと….

ということで、今回は御要請頂きました。

 

内容は、床に足場板を貼るサポート。

なるほど、それは男の住処にもってこいだ。

 

ということで、早速作業開始です!

 

blog_120617_03

Mさん、坂田に見守られながら初の丸ノコです。

 

blog_120617_04

さっききった板を、加藤のサポートとご自身で新調したインパクトで貼ります。

 

blog_120617_05

一度教われば、後はバシバシやってくのみ!

ということで、並んでビスをもむ仲良し2人(笑)

 

blog_120617_06

バシバシ切って!!

 

blog_120617_07

ジャンジャン貼って!

 

blog_120617_11

いいね~、いいね~

 

blog_120617_08

そして本日最後の1枚を貼り終えると….

 

blog_120617_09

こんな感じ!

床、男らしく!

この日はおよそ、床全体の3/4を貼りました。

 

窓も大きく日が良く入るので気持ちがいい!

「個人的にはジャングルにしたい。」と坂田は言います。

「窓際にカウンター作って、カフェっぽくしたい」と加藤は言います。

「イメージがいろいろと膨らみますね~」とMさんは言います。

 

次の日、無事に残りの床を貼り終えたようで、

Mさん、次は壁の工事にとりかかるそうです。

 

「壁紙を張り替えようか…」

「既存クロスのエンボス(凹凸)を残しながらして白く塗りつぶそうか…」

「今みたいに、腰の部分は色を変えてみるのもいいかも?」

「床から200mmくらいは黒く塗って、巾木みたいにするのもかっこいいんじゃない??」

 

そんなワクワクする話をしながらの作業だったので、

今後、この部屋がどうなっていくのか楽しみ!!

 

こんな風に、もっと多くの人が、ワクワクしながら

自分の家を作っていけたら…..

なんて思うだけで、ワクワクとドキドキがとまりません!

blog_120617_10

代官山パーフェクトルーム315プロジェクト リリース!

こんにちは。

 

今日は。

ハンディハウスの新しいお仕事「代官山パーフェクトルーム315プロジェクト」

満を持してリリース!です。

 

なんと!!

今回は写真ではなく、動画を公開します!!!

 

・代官山パーフェクトルーム315プロジェクト 〜プロローグ〜 ダイジェスト

 

まずは簡単にプロジェクトの説明を。

 

今回のお施主さんはファッション用の生地企画・製造会社の「三星テキスタイルグループ」さん。

所有する代官山のマンションの一室を商談スペースにしたいというご依頼でした。

しかも。

ただ内装をキレイにしつらえるのではなく。

ものつくりの現場。つまりは機場の雰囲気を持ち込みたい!

 

なんと魅力的!とハンディメンバー食いつき。

早速、お話を伺いに代官山へ。

 

機場には古道具から、古材、古家具までお宝が眠っているとのこと。

はじめは三星さんの方で材料をセレクトし、東京に運び、その中でハンディハウスと一緒に工事をする。

とイメージされていたのですが。。

お話をしていくうちに、どんどん盛り上がり。。。

「機場の空気を作るのにまずは機場を見てもらわないと!そして材料のセレクトから一緒にしましょう!」

社長さん即決!!

 

ということで。

世界でも有数の織物の産地そして三星本社のある尾州へ訪れることになりました。

「内装材料 収集の旅」このプロジェクトのプロローグです。

 

・代官山パーフェクトルーム315プロジェクト 〜プロローグ〜 本編

上のダイジェストに引き続き本編もどうぞ。

ちょっと長いですが見応えありです!

 

この旅ではたくさんの刺激的な光景、お話と出会うことができました。

機場のお父さん、お母さん。

blog_120609_01

blog_120609_02

夜は三星のスタッフの方々との楽しい宴まで!

blog_120609_03

 

本当に充実した旅になりました。

ご協力頂いた皆様ありがとうございました。

 

さぁ!本番はこれからです。

工事の模様もどんどん報告していく予定です。

 

この夏。代官山に。何かが生まれる!!

中浦和の現場スタート!

暑い季節がやってきましたね。

でもまだ夜は過ごしやすい!良い気候だ!

そんなGW明けに、

埼玉県の現場がスタートしました。

 

お施主さん設計、HHP施工の現場です。

 

やはりこちらの住まいもお施主さん達と一緒に造り込んでいきます。

今回も「現場交換日記」を活用です。

blog_120605_01

 

この現場の主だった特徴は、

既存の間仕切りや残して使えるところは活かして仕上げをしていくこと。

 

ただ、残すところがあってもやっぱり甘くないのがリノベーション。

スケルトンまで解体しないにはしても

天井、一部壁、キッチン、UBが取り払われるので、解体で出た廃材は山のよう。。

blog_120605_02

 

業者さんがきれいに積んでくれたので何とか産廃車にのりきりました!

blog_120605_03

blog_120605_04

ナイスです(‘∀`)b

 

さて、リノベーションの大変なところはゴミだけではありません。

むしろこちらが大変、というより難しい。

既存の利用と新規で造作する部分です。

 

部分的に解体すると

「あ~矩が出てない」

「下地として使うにはこの木軸の場所が悪い」

「コンクリート現しにしたいけど暗渠部分だから変な跡がある」

「電気・設備関係の整線、配管が良くない」

など様々な問題が出て来ます。

 

今回も躯体現しとして仕上げになる部分でGLボンド、電気の配線の問題が出てきました。

blog_120605_05

 

配線が・・・でもダクト菅は良いね

blog_120605_06

 

そりゃかとちゃんも登っちゃうよ(-_-)=3

blog_120605_07

 

それでもとりあえず配線はきれいに整線すればいいとして、

このGLボンド。

 

以前築地の現場でも苦労しましたが、コレがなかなかキレイに取れません。

 

と、そこで今回はお施主さんが好プレー!

コツコツと、そしてカリカリとこのボンドを削っていってくれました。

 

カッケー

blog_120605_08

 

・・・なんかいいな。。

blog_120605_09

 

あんな状態だった壁も、まーキレイになりました。

・・これはまだ公開しません。お楽しみに。

 

現場を一緒に造り込むというのは、

何も一緒に作業をすることだけではありませんが、

やっぱり一緒に汗を流すのって素敵です。

ここはお施主さんが設計なので、

その時点で一緒に造り上げていることになりますが、

こういうことは今後も続けていきたいです。

Sさん、そしてお友達Yさん、いつもお疲れさまです(^_^)y

 

そんなこんなで現場はブログを更新するのが遅くなってしまったので

 

・・・実は既に佳境です(汗)

フローリングも貼り終わり、

どんどん工事が進んでしまいました。

 

が、長くなってしまったので今回の報告ここまで。

 

ちなみに、今回、お世話になっているホームセンターはココ。

「建デポ」さん!

blog_120605_10

 

現場に近くて、いい人揃いなので、非常に助かっています。

ありがとうございます。

 

でわでわ。

また近いうちに現場の報告しまっす。

古民家リフォーム体験ワークショップ

今日は。

匝瑳の古民家で先週行われましたワークショップの模様をお届け!

僕らハンディハウスは加藤と坂田がアドバイザーとしてお手伝い。

 

当日は真夏のような日差しで

IMG_1611

絶好のワークショップ日和となりました。

 

参加者はなんと15名!!

IMG_1653

こうしてたくさんの人に興味を持ってもらうことは本当にありがたいことです。

 

今回、作業内容は2つ。

リビングのフローリング貼りとキッチン・寝室のペンキ塗りでした。

各自やりたい作業場所に分かれて工事開始!

 

こちらはフローリング班。

IMG_1627

これだけの人がフローリングに群がる光景は見た事ない!!

 

丸ノコを使って長さをカットします。

blog_120604_04

電動の工具も使い方を守って、気をつけて使えば、初めての方でも上手にカットできます。

 

その後はトンカチを使ってクギを打ち込みます。

IMG_1616

IMG_1651

IMG_1650

皆さん、悪戦苦闘しながらも一生懸命でした。

 

さて。

塗装班に行く前に。。。

昼食の様子もちらりと。

大人数で食べるお昼と言えば。。。

そう!!

カレー!!!

IMG_1631

うまい!!!

外にブルーシートを広げ、青空の下で食べるお昼は格別でした。

 

それでは作業の方に戻って、次は塗装班。

IMG_1645

IMG_1644

年月が経ってちょっと汚れてしまった壁や柱をきれいにしていきます。

ペンキ塗りはフローリングと比べて誰にでも簡単にできる作業です。

フローリング班の方々に比べて楽しそうに作業されてました。

 

と。。。

IMG_1620

こんな小さなペンキ屋さんまで登場!!

IMG_1643

きれいにな〜れ。きれいにな〜れ♪

白くな〜れ。白くな〜れ♪

って口ずさみながら、丁寧に塗ってくれました。

こうして子供と家作りができたら。。。

なんてステキ!!!

 

そんなこんなで。

あっと言う間に、無事に、ワークショップを終えることができました。

参加者の皆さまお疲れさまでした。ありがとうございました!

 

帰り道。

前日行われた田植えワークショップの田んぼを見学しました。

IMG_1658

この風景やばかったです。

いつか、ハンディ米を。。との野望を抱きつつ東京へと帰りました。

 

このようなイベント、ワークショップは今後とも行います!