・blog

宮崎台の団地 断熱のおはなし

古い建物。

間取りや周辺環境としては高いポテンシャルを持っている。

なので、リノベしてさらに、自分色に染めたくなる。

 

が、性能的な面で良くない部分があります。

 

それは、外内部が断熱されていないということ。

 

いまのコンクリートの建物では、現場発砲ウレタンと言って、外部に接する壁前面に断熱材を吹き付けてその上を仕上げていくんですが、

それがない。

 

もしくは、外断熱。

それもない。

 

ということで、宮崎台の現場はグラスウール(断熱効果+遮音効果あり)を外に面する壁に貼っていきます。

blog_120412_01

blog_120412_02

 

写真のように、木材でふかした間にはめ込んでいきます。

そして、重要なのが内部結露をしないように、室内側に防湿シートを貼ること。

blog_120412_10

 

室内からの湿気がボードの中を通過し、グラスウールに到達すると、断熱効果も下がり、さらに内部結露を起こしてしまいます。

そして、さらに大事なのが継ぎ目をキチンと防湿テープで貼ること。

blog_120412_03

blog_120412_04

隙間から中に湿気がいってしまっては意味がありません。

そんなこんなの、大変重要かつ手間のかかる作業を終えて、下地工事完了です。

 

そして相変わらずお施主さんも工事参加してますよ。

まずは塗装の下地。

パテの堅さを確認して、下地の継目やビスの頭を埋めていきます。

blog_120412_08

blog_120412_09

 

さらにプラスターボードもはり付けましょ〜。

墨を出して。。

blog_120412_11

カッターで切って。。。

blog_120412_12

インパクトで固定!!

blog_120412_13

 

次回は、塗装工事アップ予定です!

blog_120412_05

以上、中田でした。