・blog

リノベのゴミの話し

解体工事完了!

blog_120327_01

blog_120327_02

blog_120327_03

blog_120327_04

 

ゴミ出し完了!

blog_120327_05

blog_120327_06

blog_120327_10

 

やはり、リノベーションをするにあたり、必ず関係してくるのが、産廃。

産業廃棄物の略。

 

そして、工事の見積りにも出てくる解体撤去費。

これは、解体代+産廃車運賃+産廃処理代の組み合わせで、現場の壊すものによって、金額は変わります。

 

なので、現地調査の際に、どこをどれくらい壊すのかが重要になってきます。

 

リフォームで主に出る産廃は木材、ボード(石膏ボード)、畳、金属類、モルタルガラ、コンクリートブロックガラ、混合ゴミ、ダンボール、エアコン室外機など。

それぞれ産廃代として¥※※/立米と決まっています。

基本的には、リサイクルできる物ほど安く捨てることができます。

 

そしてそして、宮崎台の解体でも、出てきました厄介な、コンクリートブロック。

blog_120327_07

blog_120327_08

 

見ためでは構造体に見えるけど、ブロックを化粧したもの。

これは、壊すのも一苦労、運び出しも一苦労、おまけに、コンガラと言って産廃処理代も普通のゴミより高い。

 

ただ、建築の意匠としてはカッコいい。

blog_120327_09

以上、中田でした。